泉平 izuhei
食で笑顔をつなぐ

トップメッセージ

代表取締役社長 泉 周作

トップメッセージ

泉平の経営ビジョンは、「食で人をつなぎ日本で一番ありがとうと言われる企業になる」ことを掲げています。創業1896年以来、学校給食や病院給食をはじめとする給食や外食、家庭での食事など、様々な食シーンに関わる役割を担って参りました。企業の社会的責任を考えていく上で、我々が出来ること、地域社会に貢献出来ることは何かと改めて考え直しました。

私達が暮らす日本では、食料自給率の低下、食品ロス、貧困家庭の増加など、食に関する社会課題は多岐に渡ります。国際的には、地球の温暖化による自然災害などの環境問題、資源枯渇問題、飢餓なども含む多くの社会問題が挙げられます。

これらの社会問題に対して、国際社会では、2015年国連サミットでSDGs(Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)が採択されました。日本国内におきましても、国際的な目標であるSDGsに対して、2016年12月に「SDGs実施指針」が策定され、内閣総理大臣を本部長とする推進体制がしかれ推進されています。

我々も地域で活動するステークホルダーとして、積極的な取り組みを推進することが不可欠であると考えています。泉平は、これまでの活動をこのSDGsと照らし合わせ、未来の子供たちのためより良い社会を目指し、引き続き地域社会に貢献していきます。そして、食で人をつなぎ、笑顔が作れるCSR活動に取り組んで参ります。

代表取締役社長泉 周作

THEME日本の食に関わる社会問題

EXECUTION泉平CSR活動

UPDATE更新情報

pageTop